新着情報

  • TOP
  • 新着情報

サイディングボードの目地・コーキングの補修

今回はサイディングボードの目地部のコーキングの補修についてお話しします。



今、塗装業界ではサイディングボードの家の塗り替えがかなり増えてきています。



というのも、今から10〜15年前がサイディングボードの家が一番多く建てられた年になるからです。



サイディングボードの塗り替え目安の年数は10年です。



ただ、光触媒や特殊な加工がされているものは15〜20年が塗り替えの目安だと聞いています。



壁は10年、もしくは20年防水性を維持できますがサイディングの目地部分はそんなにもちません。



基本的に7,8年(実際はもっと早く劣化する気がします)



上等品でも10年ないぐらいです。



面(北面・東面)で太陽光の当たり方、雨のかかり方、家の揺れ方などにより、劣化の進み具合は違ってきます。



 



まず、説明をします。



ボードとボードをくっつけた時の隙間の部分が目地です。



縦目地、横目地がありますし、



窓の所にも目地があります。窓枠と壁の境目です。



二つの物をくっつけた時に隙間ができます。



その隙間を埋めるのがコーキングです。水を通さないゴムみたいな物です。



コーキングを均一に充填できるように目地部分は凹型になっています。



 



隙間を埋めるためのコーキングなので取れてしまっては水が入りますよね?



ですからコーキングは防水面で非常に大事です。



 



それともう一つ、



家や建物は揺れます。膨れます。縮みます。色々動きます。



車の振動で揺れ、暑い日には膨れ、寒い日には縮みます。



でも壁って硬いですよね?割れますよね?



そこでゴムみたいな役割をするコーキングの出番です。



建物の動きに追従して動いてくれるクッションの役目です。



壁の予期せぬ箇所が割れるのを防いで、まずコーキングが割れます。



コーキングの補修だけなら壁の補修より手軽にできます。



ですからコーキングは建物の動きに追従して割れを防ぐ面でも非常に大事です。



まとめますと



「防水性」と「動きの追従性」を保つためにコーキングは大事です。ってことです。



 



では、補修時期の目安、判断基準について続けます。



 



コーキングは弾力のあるゴムのような物です。



爪を立てると爪の跡が付きます。



これが経年劣化で水分が抜け硬くなり縮れて割れたり、建物の動きに追従できなくなり割れます。





まだ艶も有り、弾力もある状態↑↑↑



 



 



 





経年劣化で水分も抜け硬くなり縮れている状態。補修を考える時期。↑↑↑



 



 



 





コーキングがほとんど取れてバックアップ材(青色)が丸見え。早急に補修が必要。↑↑↑



 



 



 





塗装の下のコーキングが割れて、上の塗装も一緒に割れている状態↑↑↑



 



 



 



先ほどの青色のバックアップ材はビニールのテープみたいなもので、防水材ではありません。



コーキングは「二面接着」で施工します。



縦目地なら左面と右面



横目地なら上面と下面



奥の面にはくっつかないようにします。



これは、建物の動きに追従しやすくするためです。



奥面にくっつかないようにするためにバックアップ材が入っています。



バックアップ材にはコーキングが付かないような処理がしてあります。



バックアップ材は防水材ではないので注意してください。



 



壁の塗装とコーキングの補修、同じ様に劣化して同じ時期に改修できればいいのですが、



なかなかうまいこといってくれません。



コーキングが先にダメになる例が多いです。



気になる方は一度、業者の方に相談してみてください。



塗装はせずに、コーキングの補修だけを行う工事も最近ではかなり多くなってきていますので気軽にどうぞ。



 



業者ですが、「塗装屋」さんでも対応できますが、マンションや大型物件の場合、「シーリング屋」さんという専門の業者さんが施工します。



慣れてない塗装屋さんの中には、あまり上手にできない方もいらっしゃいますので、ご注意ください。



(弊社には塗装部とシーリング部が有り、シーリング専門の職人が施工いたします。)



 



コーキングの劣化は目に見てわかりやすいので、定期的に壁、目地部を眺めて注意しておいてください。



 

皆さまのメンテナンスの参考になれれば幸いです。

株式会社リペアワーク 越智



 



 



 





ご質問、ご相談ございましたらお気軽にお申し付けください。



株式会社リペアワーク



〒547−0023



大阪府大阪市平野区瓜破南1丁目1−36



TEL:06−6777−6274



FAX:06−6777−6275

E-mail: info@repairwark2317.com



URL: http://www.repairwark2317.com


pagetop